目元のしわのできやすい、できにくいの違いとは

目元のしわは、人によってできやすい方とできにくい方が存在しています。まず、目元のしわができやすいという方の多くは、表情豊かでよく笑うという特徴が存在しています。よく笑った場合、目付近の筋肉も動きますし、目を細めることによりしわができやすくなってしまいますので、必要以上に笑わないように気を付けてみるとよいでしょう。

 

また、お肌が乾燥しやすいという方についても、しわができやすいという特徴があります。乾燥肌の場合、お肌の内側の水分量が低下してしまいますので、どうしてもしわができやすくなってしまいます。それに加え肌の水分量が不足してしまうことで、外的な刺激に対する抵抗力も失われてしまい、紫外線の影響も受けやすくなってしまうのです。

 

紫外線というと、シミやそばかすを引き起こすというイメージがありますが、実際には肌を酸化させますので、しわを含むあらゆるトラブルの元となってしまいます。普段からお肌が乾燥しているという自覚のある方は、目元専用のアイクリームで乾燥しないように、しっかりとケアを行っておく必要があります。さらに、目元のしわについては、痩せ型の方ができやすくなります。

 

痩せ型の方の場合、顔にも充分な肉がついていません。顔に肉がついていると、しわも引っ張られますので目立たなくなるのですが、顔に充分な肉がついていないと、深いしわがそのまま肌表面に現れやすくなってしまうのです。このように、様々な要因によって目元のしわのできやすさ、できにくさに違いが生じてきます。

 

その違いの多くは、後天的なお手入れのまずさにあるのですが、人によっては元々の体質に起因している場合もあります。例えば、生まれ持って肌が薄い方は、それ以外の方に比べてちょっとした刺激によっても肌ダメージが蓄積されてしまいますので、人よりも目元のしわが出やすくなってしまいます。元々の体質の方は、普段からお肌に負荷をかけないスキンケアを心がけるようにしましょう。